ダイエットに挑戦する女性たち

ダイエットに効く薬を調査

ダイエットに効く医薬品として、病院で処方を受けられるのは、食欲を抑えるお薬と、脂肪をある程度カットして排出するタイプの医薬品になります。

厚生労働省により認可されている食欲抑制剤のお薬は、肥満治療にも使われていますし、美容クリニックなどでも入手が可能なお薬になります。主成分の食欲を抑えるによって、食欲調節中枢に作用するために、旺盛な食欲を抑えることになります。

食欲を抑える医薬品は、脳の食欲調整中枢へ作用することで、食べ過ぎてしまう過剰な食欲をセーブさせることになります。人間をコントロールする脳に働きかけることで、成分の働きで食欲が低下するために、体重のダウンにもつながっていきます。

そのためハードな食事制限をすることはなく、痩せてもリバウンドの心配もありません。加えて体内の、新陳代謝を高めていく必要もあります。

新陳代謝をよくしてリバウンドの可能性も少ないのですから、痩せるためにも前向きな医薬品です。服用するのみで痩せると安易に思わないで、バランスの良い食事をしたり、プラスして有酸素運動をすることも、効果を高める良い組み合わせになります。

食欲を抑える薬品の副作用としては、吐き気や嘔吐、のどが渇くとか不安なども感じるケースがあります。食欲を抑える医薬品には、こうした副作用もありますので、使用ができる期限もあります。肥満度としては70%以上であり、BMIの数値は35以上などで、さらには3ヶ月間までしか使うことはできません。

食欲をセーブさせるお薬以外には、病院で入手可能なのは、脂肪の吸収に対して働きかけて、カロリーのコントロールをする医薬品もあります。下痢のようにもなりやすいので、その点も理解して使うことです。